グーグル設定

院長ブログ

お子さんの日本脳炎ワクチン接種漏れは大丈夫!!

日本脳炎ワクチン合計4回接種してますか

 

日本脳炎定期接種:現時点で接種の流れ

日本脳炎の予防接種は、平成17年度から平成21年度の5年間、接種の積極的勧奨が中止されていました。

この期間[平成7(1995)年4月2日から平成21(2007)年10月1日生まれの方は20歳未満の間:豊中市の場合]に接種を受ける機会を逃した方は特例対象者として無料で接種を受けられます。

1. 平成7年4月2日~平成19年4月1日生の場合(特例対象者)
0回接種から3回接種まで回数に応じて合計4回接種を受けてください。

1回目→1週間以上あけて→2回目→1週間以上あけて→3回目→1週間以上あけて→4回目(20歳未満) となります。

2. 平成19年4月2日~平成21年10月1日生の場合(特例対象者)
0回接種から3回接種まで回数に応じて合計4回接種を受けてください。

1回目→1週間以上あけて→2回目→1週間以上あけて→3回目→1週間以上あけて→4回目(13 歳未満←年齢要注意)となります。

3. 平成21年10月2日生~の場合
標準的には規定に日数をあけて3歳までに3回(第1期) 9歳~13歳で1回(第2期)

1回目→1週間以上あけて→2回目→6か月以上あけて→3回目→数年あけて→4回目(9歳から13 歳未満までに)

日本脳炎とは

東南アジアなどの農村に多いコガタアカイエカを媒介として脳炎を起こすウイルス疾患です。根本的な治療法はなく、脳炎発症者の20-40%が死亡します。生存者の 45-70% で精神神経学的後遺症が残るといわれています。特に小児には重篤な後遺症が残ります。

日本脳炎ワクチンの開発とその後

1950年代から開発が進められ70年代には接種がはじまり、それまで年間2000-4000人の発症例があった日本脳炎の発生率が10人以下まで大幅に減少しました。

1994年に日本脳炎ワクチンの定期接種が始まりました。しかし、マウス脳による製法の日本脳炎ワクチンを接種した後に重症ADEM(急性散在性脳脊髄炎)が発生した事例がありました。そのため、 2005年5月以降は積極的勧奨が中止となりました。

2009年に乾燥細胞培養日本脳炎ワクチンが承認され、翌2010(平成22)年から、積極的勧奨再開となりました

日本脳炎ワクチン接種救済措置

標準的な接種期間に該当する者, および積極的勧奨が行われなかった期間に定期予防接種の対象者をキャッチアップするため、現在、特例対象者も積極的勧奨を再開しています。

*急性散在性脳脊髄炎(Acute disseminated encephalomyelitis: ADEM)*

感染症、あるいはワクチン接種がきっかけとなった自己免疫性機序で発症すると理論的に考察される小児に稀に生じる原因不明の炎症性脱随性疾患です。ステロイド治療により軽快し、予後は比較的良好です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP