グーグル設定

院長ブログ

痴呆から認知障害へ

痴呆から認知障害へ

「痴呆」という言葉が患者さんの尊厳を損なうということで、厚生労働省は平成16年から「痴呆症」から「認知症・認知障害」に呼称変更を行い、今では「認知症・認知障害」との診断名が一般的です。

「認知症・認知障害」は決して、愚かになったのではなく、認知機能が一部正常に働かない状態で患者さんの人間性までが否定される病気ではありません。

認知症・認知障害の定義

物忘れは加齢に伴って誰にでもあることですが、認知症・認知障害は病気です。単なる物忘れでは障害されない一旦獲得した知識・知能・周囲への適応性などが失わるか、あるいは異常に低下した状態を「認知症・認知障害」といいます。

つまり、『後天的な脳の病気により今まで正常に発達した知的機能が全般的かつ持続的に低下し日常生活に支障を生じた状態』ということです。

認知症・認知障害で多い症状

「同じことを何回も繰り返し話す」、「置き忘れやしまい忘れが目立つようになった」、「あれ、それなど物の名前が出てこなくなった」、 「興味や関心を示していたものたいして最近あまり注目しない」、「時間や場所の感覚が不確かになってきた」、「最近、些細なことで怒りっぽくなってきた」、 「物とられ妄想が出てきた」、「身なりにだらしなくなった」、「少し複雑な話が理解できない」、 「以前より疑い深くなった」などのような症状がある場合は簡単な検査で認知機能が判断できるので医師に相談し、早期の診断を受けましょう。

認知症・認知障害の治療

薬物治療:最初に発売された認知障害治療薬は「アリセプト」でしたが、最近で多数の認知障害治療薬が発売さてれおり、薬同士の併用も可能となりました。

リハビリテーション療法:衰えかけた脳機能に刺激を与えるため、計算や読書、書字ドリルを行ったり、グループにおいて自らの回顧話をしたり、あるいは、書道、生け花、陶芸、カラオケなど趣味の分野を延ばすことで高次機能に刺激を与えるリハビリを行います。

家族のケア:認知症の症状が出てくると、つい本人を叱りつけてしまうことがあります。しかし、そのことで本人の気持ちも不安定になり、症状が悪化したりすることもあります。家族の方がまず病気をしっかりと理解したうえで、本人にとって負担のない対応をするようにしましょう。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP