グーグル設定

院長ブログ

子宮体癌の話

子宮体癌のお話

子宮がんは大きく分けて2種類あります。いずれも早期発見ではほぼ100%治ります。

子宮頚がんは子宮の入り口(頚部)にできます。

子宮体がんは子宮の奥の子供を育てる部分にできます。

子宮体がんの多くは女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンの分泌のバランスが崩れて起こります。
通常、排卵前にエストロゲンの作用で子宮内膜が増殖し、エストロゲンの血中濃度がピークに達すると排卵します。その後プロゲステロンが分泌され、内膜が妊娠の準備に入り、妊娠していなければ子宮内膜がはがれます。しかし、このホルモンの分泌バランスが崩れると、子宮内膜が剥がれ落ちずに増殖を続け、がんになっていくことがあります。
月経が定期的にある更年期までは、ほとんど子宮体がんの心配はなく、ホルモンバランスが崩れてくる閉経前の更年期から閉経10年後までの時期です。ただし40歳前でも月経不順の人は要注意です。肥満もリスクファクターです。脂肪細胞はエストロゲンを蓄積するとともに分泌もします。このため、肥満の人はホルモンバランスが崩れやすい。標準体重より20%以上重い人は要注意です。やせることが子宮体がんの予防になります。

食べ物では納豆や豆腐といった大豆製品をとりましょう。
体内のエストロゲンが正常な量になるように働く大豆イソフラボンが含まれているからです。また、40歳前の子宮体がんは、出産経験がない人に多く、一方、出産後3-5年間は子宮体がんになる可能性は非常に低いようです。

子宮体がんの兆候は不正出血です。不正出血とは、月経時以外に出血があることです。大量の出血ではなく、点状のごく少量の出血や、褐色のおりものも不正出血にあたります。また、1日で出血がとまる場合もあれば、毎日でなく途切れ途切れに出血する場合もあります。

家族に子宮体がんの人がいたら40歳以降は定期健診を薦めます。検査は子宮内膜の組織を一部とって細胞の状態を見るもので、多少の痛みを伴います。

検査後、1週間は血液が混じったおりものが出ることがあります。肥満や排卵障害のほかに、家族に子宮体がんを経験している人がいる場合や、自分が乳がんや卵巣がんになったことがある人も子宮体がんになりやすい傾向があります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP