グーグル設定

院長ブログ

ニキビでお悩みの方へ

尋常性座瘡(ニキビ)

毛嚢に生じる炎症性皮膚疾患です。病名としては座瘡や面皰と称し、一般的には十代の顔面に生じるものをにきび、それ以外は吹き出物といいます。

種類

白にきび
毛穴に皮脂がつまり、丘疹として 薄くなった皮膚から皮脂が透けてみえるもの

黒にきび

白ニキビの頭頂部が破裂して貯まった皮脂が酸化して黒くみえるもの

赤にきび

黒にきびの皮脂に雑菌やアクネ菌が繁殖して炎症になり、赤色の丘疹になったもの

膿疱
さらに進行し、化膿性炎症となったもの

皮下膿瘍を起こすと硬結や炎症性色素斑が長くのこったり、ケロイドや潰瘍跡として残る場合があります。

原因

男性ホルモン作用で皮脂が増え、そこに細菌感染を起こすことにより発症します。

尋常性座瘡の一般的治療

皮脂の分泌を抑えること 
皮脂分泌を増やす脂肪分の多い食品を制限する。

ストレスを避ける
ストレスに対抗するため男性ホルモンが増え、皮脂の分泌が促されます。また免疫力は落ち、最近感染に対する抵抗力が落ちるので、なるべくストレスのない、規則的な生活をしましょう。

よごれを落とす洗顔
洗顔に過度なニキビ治療を効果を期待してはいけません。洗顔はあくまで汚れや余分な皮脂・角質を洗い流すことを目的に行って下さい。

スクラブ機能のあるピーリング系洗顔料で角質を無理矢理とってしまう洗顔料は使い続けると角質が極端に薄くなってしまい、皮膚のバリアー機能が低下して感染やアレルギーを起こしやすくなります。

洗顔で乾燥感や突っ張りを強く感じる場合は、洗顔は余分な皮脂や角質を落とすだけと考えてマイルドな洗顔料に変えるほうがよいでしょう。

また、洗顔の後の保湿ケアは大切です。寝ている間に肌はターンオーバするので化粧水やジェル、クリームなどでケアしましょう。夜更かしも禁物です!

炎症性ニキビを抑える抗菌剤を使用
内服薬
ビブラマイシン(ドキシサイクリン)、ミノマイシン(ミノサイクリン)、フェロム(フェロペネムナトリウム)、ルリッド(ロキシスロマイシン)などがあります。赤ニキビの数が多い時は内服治療をお勧めします

外用抗菌薬
ディアック配合ゲル(過酸化ベンゾイル+クリンダマイシン)、ダラシンTゲル(クリンダマイシン)、アクアチムクリーム(ナジフロキサシン)などがあります。ポツポツとできた赤ニキビには外用抗菌薬が有効です。

炎症を起こしていない白ニキビや丘疹には効果はありません。

ニキビ発症予防の治療薬を使用
内服薬
ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、女性ホルモン(後で詳しく述べます)、漢方薬(主に使われる漢方薬:当帰芍薬散、加味逍遥散、十味敗毒湯、桂枝茯苓丸、清上防風湯、排膿散及湯、荊芥連翹湯など)などがあります。

外用薬
ディフェリンゲル(アダパレン):表皮角化細胞の角化を抑制する作用を持ちます。
ベピオゲル(過酸化ベンゾイル):殺菌作用および角質融解作用を持ちます。(プロアクティブ・アメリカ版には配合されている成分)
イオウカンフルローション :硫黄の角質融解作用で角栓化を抑えます。

女性のにきびにはピル(女性ホルモン)が効く!!

男性ホルモンの増加により起こるといわれているニキビですが、女性の場合はホルモンバランスの乱れにより男性ホルモン優位になることで起こると言われています

男性ホルモン優位なホルモン環境はピルを服用することにより、改善できます。
低容量ピルは排卵を抑制するため、卵巣から放出される黄体ホルモンの量を抑え、男性ホルモンと結合して男性ホルモンを不活性化するタンパク質量を増やす働きがあります。最近ではヤーズが一番使われているようです

ピル(低用量ピル)は避妊以外にも上記のようなニキビ改善作用、薄毛効果があり、もちろん月経痛・月経前症候群・過多月経の改善作用もあります。さらに子宮内膜症の治療、および子宮体がん、卵巣がんのリスクを減らします。

医療ピーリングで余分な角質を時々取り除くことはお肌を再生します!

ケミカルピーリング
皮膚表面の酸を塗布し、毛穴に詰まった角栓や汚れ、古くなった角質層を溶かす方法です。しかし、皮膚の状態と目的により塗布薬剤の調節が難しいので熟練したクリニックで施術を受けましょう

レーザーピーリング
ピーリング用のレーザー 表皮角化細胞の角化を抑制する作用を持ちます。コラーゲンも活性化するので、肌の張りが戻ります。

イオン導入  
体に微少電流を流し、薬剤をより皮膚深部まで到達させる肌の再生治療です。
当院でビタミンC誘導体と胎盤エキスのイオン導入をしています。ビタミンC誘導体には皮脂分泌を抑え、炎症を軽減する作用があります。また、胎便エキスの保湿作用で外的刺激からお肌を守ります。

ハイフルクエンシー
微量オゾンで皮膚表面の殺菌をしてニキビ菌を減少をめざします。また皮脂の減少効果もあります。

ニキビの治療は患者さんにあった治療法の組み合わせです!

色々な治療がありますが、何をどの時期にどう使うかは患者さんの年齢、性別、ライフスタイル、体質、キャラクターなどを総合的に考え、患者さん一人一人に合った治し方を導き出すことが一番の近道になります。

ニキビがなかなか治らないでお困り方は当院にご相談ください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP