グーグル設定

院長ブログ

子宮腺筋症と子宮筋腫の違い

子宮腺筋症と子宮筋腫の違い
いずれも子宮が大きくなる病気で、腺筋症と筋腫が同時に起こることもありますが 、その発生機序は全く違います。しかし、症状は驚くほど似ています。

子宮筋腫は、子宮筋層の平滑筋が過剰に増殖し、筋腫核となり、それがだんだん大きく育っていく病気ですが、育つのはその場所だけなので悪性腫瘍(癌)のように転移はしません。
また、子宮腺筋症は、子宮内膜症の一種で子宮内膜だけに発育する腺上皮細胞が子宮筋層に入り込み増殖消褪を繰り返し、子宮が瀰漫性に増大する病気です。

どちらも子宮の増大による周辺臓器の圧迫、月経痛、過多月経、不妊などの症状があり、症状だけでは区別はつきません。

エコーやMRI、CTによる画像診断で、子宮の増大が筋腫核による増大か、子宮筋層の瀰漫性の増大かは容易に診断でき、筋腫であるか腺筋症であるかの確定診断ができます。しかし、両方の疾患が混在することはよくあります。

子宮腺筋症と子宮筋腫の治療
いずれの疾患も女性ホルモン(エストロゲン)依存性に増大するため、生殖年齢(10歳~50歳ぐらい)の時に問題になる疾患であり、一般的には閉経すると治療の必要はありません。

両方とも女性ホルモン依存性に子宮が増大する病気なので女性ホルモンを少なくする治療、不快症状に対する対症療法、増大する子宮摘出など患者さん一人一人のライフスタイルに応じたオーダーメイド治療を行わくなくてはなりません。

一例をあげると10代の若いころの月経痛は痛み止めやピルなど治療し、結婚して妊娠すると妊娠によるエストロゲンの低下が治療になります。30代で月経痛が再発すると擬閉経療法や擬妊娠療法、筋腫核出術、40代で治療に抵抗し子宮が増大すると子宮摘出、50代では再び擬閉経療法で閉経まで手術を伸ばし逃げ込みをはかるなどそれぞれのライフスタイルに応じた様々な治療のパターンがあります。

筋腫と内膜症は閉経まで仲良く付き合っていく病気と考えてください。

先ずは快適なライフスタイルを送れるように婦人科医と相談しながら治療方法を選択していきましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP