グーグル設定

院長ブログ

膣炎

膣の自浄作用について

膣や外陰は尿や便で汚される機会が多いため、いつも何らかの細菌にねらわれています。
膣には卵巣ホルモンの働きで膣粘膜からつくられたグリコーゲンを乳酸に変える乳酸菌(デーデルライン膣桿菌)が常在しており、膣の中を常に強い酸性に保っています。 そのため、いろいろな細菌が膣に入ろうとしても、この強い酸性の環境で繁殖するこができないために、膣は細菌感染からまぬがれ、いつでも清潔な状態になっています。

しかし、更年期以降女性ホルモンの分泌が減ったり、免疫能が低下したり、抗生物質の服用などで膣の自浄作用が崩れた場合、膣炎や外陰炎を起こしやすくなります。

カンジダ膣外陰炎について

カンジダ膣炎は、カビの一種である真菌類に属する、カンジダ・アルビカンスの感染によって起こる膣炎です。
カンジダは、膣内だけでなく、口、気管支、肺などにも寄生しているもので、いつでも病原性を持っているわけではありません。

カンジダ膣炎は、妊婦に多いこと、分娩後は自然になおってしまうこと、糖尿病とかビタミンB2の欠乏した人、栄養不良の人に多い点から、全身の健康状態の変化や抗生物質の投与による菌交代現象が発病の誘因になっていると考えられています。

性交が原因で、カンジダによる炎症を起こす人は全体の数%にすぎません。 つまり、膣カンジダ症に罹った人の大部分が、性感染症とは関係ないものといえます。

症状
カテージチーズのような独特の帯下が認められ、痒みは他の膣外陰炎よりひどくなります。

治療
洗浄して膣錠を投与すれば,普通は1~2週間以内に症状は軽快します。何週間も治療に通っても治らないというケースは非常に稀です。その場合は別の病気のこともあるため、詳しい検査が必要になってきます。

当院で使うカンジダの薬は膣内で1週間効果を発揮します。そのため、頻回の洗浄は必要ありません。 次回の来院日は1週間後となります。

治療中は以下の点に注意してください。
1.治療期間中、性生活は禁止です。
2.パートナーの方が痒みを訴える場合は同じ塗り薬を痒みのある部分にお使いください。
3. 塗り薬はお風呂上りにお使いいただくと一日中効果が長持ちします。

時々、薬自体にかぶれる方がいらっしゃいますので、痒みが強くなるようでした早めにご来院ください。
数日でややよくなりますが、服用をやめると再発するので完治するまで1週間は続けてください。そのあと再び尿検査を受けて完治を確認してください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP