グーグル設定

院長ブログ

子宮筋腫の話

子宮筋腫の話

悪性の子宮腫瘍は子宮肉腫といい、血行性転移も多く予後はよくありませんが、筋腫は一言で言えば子宮にできる良性のこぶのようなものです。

下腹部の腫瘍で筋腫といわれている中には卵巣の腫瘍や子宮腺筋症あるいは肉腫も含まれている場合があるので一度はきちんと診断されたほうが良いでしょう。

筋腫の起こる原因は不明ですが、子宮の色々な場所にでき、それぞれ呼び方と症状が少し違っています。

奨膜下筋腫といわれる子宮の外側に発達する筋腫がありますが、これはかなり大きくなってお腹から触れてもあまり症状はでません。

筋層内筋腫といわれ子宮の筋肉の中に出来る筋腫は有る程度大きくなると月経異常(過多月経、月経困難、遷延性月経)をおこします。子宮の内側に発達する粘膜下筋腫は小さくても月経異常や不正性器出血を起こす場合がよくあります。
診断は内診と超音波検査で診断できますが、CTやMRIなどの詳しい検査が必要な場合があります。 最近の子宮筋腫の治療 小さな筋腫を含めれば性成熟期女性の70%に筋腫が認められますが、症状(過多月経、月経痛、不正出血、不妊、頻尿など)がないものや鵞卵大以下のものは先ず、肉腫との鑑別を行い、筋腫であれば経過観察します。
症状がある場合は何らかの治療が必要となります。

最近では色々な治療法の中から患者さんのライフスタイルに合わせた治療法を選択できます。たとえば、閉経期に近いような人なら手術をせず、薬物での逃げ込み療法、また、不妊を主訴としている場合などは早期の筋腫核出術が適切でしょう。
結婚前で筋腫がある場合などはピルが選択になることもあり、手術にどうしても踏み切れない時は新しい治療としてFUSやUAEを希望することもできます。

以下に主な治療法を解説します。

1.薬物療法 症状にあわせた対症療法から一時的に筋腫を小さくする治療まで幅のある薬剤選択ができます。筋腫のため月経量が多いのなら止血剤や子宮収縮剤、漢方薬(?帰膠艾湯など)また、月経痛なら鎮痛剤や漢方薬(桂枝茯苓丸など)を使用します。
筋腫を小さくする治療としては偽閉経状態や偽妊娠状態にするGnRHaやダナゾール、ジェナゲスト、ピルを使用し投与期間中の内因性エストロゲン量を減少させ、筋腫(筋腫はエストロゲン依存性の良性腫瘍のため)の発育を抑制します。
薬物療法では筋腫を根治させることはできませんが、症状を軽くしたり、手術前に筋腫を小さくする目的で使用したり、閉経前なら閉経になるまで投与し逃げ込み療法として使用します。

2.手術方法 現在のところ子宮全摘術が筋腫の唯一の根治療法です。その手術には腹式子宮全摘術(お腹を開いて子宮を全部取ります)膣式子宮全適術(お腹を開かず膣から赤ちゃんを産むようにして子宮を取り出します:腹腔鏡で補助する場合もあります)あるいは根治療法ではありませんが、妊孕性を確保するため子宮筋腫核出術(開腹、腹腔鏡)、子宮鏡下筋腫核出術(粘膜下筋腫など)を行う場合もあります。

3.新しい治療法 また最近では子宮温存を目的に筋腫核のみを壊死させる方法としてUAE(子宮動脈塞栓術)・FUS(集束超音波)といった新しい治療法があります。どちらも自費治療のため50万円程度の費用がかかります。
*UAE(子宮動脈塞栓術) 子宮動脈を塞栓し、筋腫への養分や酸素の補給を遮断すると筋腫が萎縮することにヒントを得て、足の付け根から細いカテーテルを子宮動脈に挿入し、造影剤と共に塞栓物質をレントゲンの透視下に注入し、筋腫に養分や酸素を送る血管を詰まらせて、筋腫を縮小させます。組織を急激に壊死させるため痛みを伴うので鎮痛剤の投与と入院が必要になります。

*FUS:MRIガイド下集束超音波治療(MR imaging guided Focused Ultrasound Surgery) MRI下で筋腫の位置を確認しながら多方向からの超音波のエネルギーを一点に集束させることで、身体の表面を傷つけることなく、熱エネルギーとして直接患部組織を焼灼します。組織の70%を焼却すれば筋腫も縮小し症状は軽減しますが、効果発現に4ヶ月くらいかかります。しかし、UAEと比較して痛みが少ないため日帰り治療が可能です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP