グーグル設定

院長ブログ

膀胱炎

膀胱炎ってどんな病気?
膀胱は内面がやわらかい粘膜の袋で、尿をためる役割をします。
膀胱の粘膜には細菌に対する抵抗力があるのですが、病気をしたり、疲れているときなど抵抗力が弱くなった場合に膀胱内に細菌(大腸菌やブドウ球菌など)が侵入・繁殖することで炎症が起こる病気のことです。

もともと女性は、男性に比べて尿道が4cmと短く、尿道口が肛門に近いので、細菌が入りやすい体の構造になっているため、女性に多い病気です。

膀胱炎の症状
突然、おしっこの後が痛い、尿に血がまじる、尿の回数が多くなります。 排尿時の不快な感じが前兆(まえぶれ)としてあります。 排尿が終わるときに、ツ~ンとしみるような痛みを感じます。(膀胱の内側が敏感になっているために起こる症状) 悪寒と一緒に高熱が出たり、腰痛がある場合は、炎症が腎臓に波及し腎盂腎炎になっていることがあります。

膀胱炎になりやすい人
トイレをガマンしがちな人→尿が長時間、膀胱内に貯まることで膀胱の内面が傷むのと同時に、膀胱内に細菌が増えます。

排便のあとの拭き方が問題→女性の場合、尿道と肛門が近いので、膀胱内に大腸菌が侵入しやすくなります。

月経の時、ナプキンをこまめに取り替えない→長時間使用したナプキンやおりものシートは雑菌の温床です。膀胱内に細菌が入る危険度が高くなります。

性生活のあと洗浄しない→性交後は、ついトイレに行くタイミングを逃しがちですが、細菌が膀胱内に入り込んでいる可能性が高くなります。

風邪を引きやすい人、ダイエットしてる人→身体の抵抗力や免疫力が弱まると細菌 が侵入、繁殖しやすくなります。

ストレス、過労も注意。 膀胱炎になったら 尿の細菌検査を受け、膀胱炎と診断されたら、抗生物質を服用します。また、水分をたくさんとりできるだけ排尿回数も多くして膀胱内にのこっている細菌を洗い流すようにしましょう。症状は2~3日でややよくなりますが、服用をやめると再発するので完治するまで1週間は続けること。そのあと再び尿検査を受けて完治を確認してください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP