グーグル設定

院長ブログ

月経前緊張症(PMS)

月経前緊張症(PMS)

月経前の2週間ほどの期間だけ普段とは違った体の変調感じることがありますが、それが月経前緊張症と言われるものです。
体のむくみ程度から重度の精神的な不安まで症状は多岐にわたります。 軽い変調まで入れれば一般女性の80%が月経前緊張症の症状を訴えていると言われますが、すべての患者さんが治療の対象ではありません。

その症状によってあなたの日常生活に問題がおこってくるなら信頼できる先生にご相談ください。

主な症状
イライラ・気分の落ち込み・うつ状態 身体のむくみ・排尿困難・頭痛・関節痛 過食・体重増加・めまい・眼痛 など月経前に起こる不快症状がある場合は、月経前緊張症(PMS)の可能性があります。

病態 
排卵後に卵巣の黄体細胞から放出される黄体ホルモン(プロゲステロン)の作用により、生体内に起こる変化であると言われています。
そのため、閉経やピル服用などで内因性の黄体ホルモンが出なくなると症状は消失します。

普段は明るく社交的なあなたが、月経前になると急にイライラしたり、体調が悪くなったりする(PMS)ことはありませんか?
症状がひどくなると急に悲しくなって泣き出したり、誰とも話したくなくなり会話を避けたり、暴力的になり物を破壊したりと日常生活にも支障が及ぶことがあります。
誰にも多少の気分変調はあるものですが、生活に支障のでるような場合は一人で悩まずPMSではないかとの相談を専門に相談することです。
相談すれば、多数の症例を経験している専門医はあなたにあった解決法を必ず見つけてくれます。

お近くであれば当院にご相談下さい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP