グーグル設定

院長ブログ

美しくなるために

美しくなるために

スキンケア

普段から皮膚の健康を維持し、皮膚に起る病的な状態を防いだり軽くしたりするため毎日のスキンケアが大切です。

スキンケアの基本
1.皮膚を清潔に保つ(清潔の保持:石鹸)
汚れの中には皮膚のアレルゲンになるような物質(大気中の汚染物質など)もたくさん含まれていますので石鹸をよく泡立て、皮膚の汚れを泡で包み込むように洗い流します。 泡立てネットや自動泡立て器などを使って泡は出来るだけ細かく小さいものを作ってください。 石けんは無添加の普通の石鹸で十分です。 特別敏感肌の人でなければ皮膚には自己の修復作用があるため弱アルカリ性の石鹸で洗ってもすぐに皮膚は酸性に変化します。薬用石鹸などを使って皮膚の常在菌までを殺菌するのも一般的には百害あって一利なしです。

2.皮膚を乾燥させない(乾燥からの防御:乳液、保湿剤など
皮膚の汚れを取ることは皮脂も洗い流すことになるので必ず後で保湿剤(尿素剤、ワセリンやNMF等)を薄く(べとつかない程度)塗り角層に水分を保持できるようにしましょう。 角層内に保持されている水分は平均30%と少量ですが角層の柔軟性、潤いまたは乾燥防止や外界からのアレルゲンを侵入させないために役立っています。

3.紫外線からの避難(紫外線防御:サンスクリーン)
海外では子供のときに浴びる紫外線量が将来皮膚がんを引き起こす原因になるということで子供の時から紫外線対策が充実しています。 更年期以降ではエストロゲンの作用も減弱するため、比較的作用の弱い紫外線であるultraviolet Aでも長期に暴露することにより皮膚の弾性が低下し、しみやしわの原因となります。
紫外線のきつい昼頃の外出を避け、やむおえず出かける時は日傘や帽子で紫外線を避ける工夫をしましょう。又、サンスクリーンの入ったファンデーション(SPF15以上、PA++以上)を夏でも冬でも常に使うようにしましょう。

光老化について

紫外線の種類や線量
つい先ごろまで小麦色の肌が健康の象徴といわれてもてはやされていましたが、最近ではオゾン層の破壊の問題から、紫外線の皮膚に対する悪影響が一般の方にも知られるようになりました。 紫外線とは、太陽の光のなかで最も波長の短い光線ですが、その紫外線も波長の長い順に「UVA」「UVB」「UVC」の3種類に分けられています。
オゾン層破壊が進んでいなければ、UVCは、オゾン層ですべて吸収されますので、私たちの皮膚に影響を及ぼすのは、UVAとUVBの2つとなります。

UVBは、放射量の約半分がオゾン層で吸収されるため、地表に届く量は1/100から1/10と少なく、皮膚の表面(表皮)にしか達しません。しかし、そのエネルギーは強力で、UVAの1000倍ほどもあります。 日焼けをして皮膚が赤くなり、ひりひり痛むのはUVBの仕業です。

一方UVAは、放射量の全量が地表まで届き、私たちの皮膚の深く〔真皮〕にまで光線が達します。しかし、そのエネルギーは弱く、1日くらいでは日焼けなどの急性炎症を起こすほどの力はありません。

日本は南北に長いので年間太陽紫外線量が1.5~2倍くらい異なっているため、南北地域の住民のシミやシワの発症年齢が大きく違うことがわかっています。秋田と沖縄の女性を比較すると60歳頃にはシミでは約20歳、シワでも約6歳くらい差が見られます。紫外線が沖縄より少ない秋田の女性は光老化が沖縄の女性に比べて、ずっと遅くなります。

季節によっても紫外線量は違います。4月から多くなり始め、9月ごろまでその量が持続します。ただ、実際に私たちが浴びる量は、いろいろな要因に左右されます。
例えば、6月は晴れの日が少ないので、光に含まれる紫外線量が多くても、浴びる量はそれほどではありません。また、スモッグなどで光が遮られる日は、浴びる紫外線量は少なくなります。
1日の中でみると、午前10時ごろから午後2時ごろが最も紫外線量が多く、1日の総量の約半分がこの時間帯に降り注ぎます。

老化と光老化

老化は遺伝子によってプログラムされており、避けられないとの考え方が、老化関連遺伝子の発見で実証されつつあります。
しかし、光老化は、一般の老化とは質的に異なっています。光老化は長年にわたり日光(紫外線)を浴びている部位にのみ生じます。同じ人でもお腹など光の当たらないところの皮膚と比べて顔や頚、あるいは手背など常に太陽紫外線をあびる皮膚は20歳、40歳、60歳と各々の年齢に応じた特色を示すため初対面の人でもおよその年齢を想像できます。つまり、これが光老化です。
紫外線を浴びると、紫外線に刺激された色素細胞が「メラニン」と呼ばれる黒褐色の色素をたくさんつくります。 皮膚に活力があると、新陳代謝によって元の肌色にもどるのですが、日焼けを繰り返してメラニンが増えたり、更年期に新陳代謝のリズムが崩れると、メラニンは「しみ」「そばかす」となって皮膚に沈着してしまいます。さらに紫外線の直接作用や炎症による活性酸素の影響で表皮全体が厚くなり、表皮最外層の角質層も厚くなり、色素細胞のメラニン量の増加、表皮突起の消失傾向、真皮上層の弾力繊維変性やコラーゲン量低下などをおこします。
紫外線(UVA)は皮膚の奥にまで浸透し、徐々に肌の弾力を保つ「弾性繊維」を変質させ、皮膚のハリをなくし、皮膚の老化である「しわ」や「たるみ」の原因になります。

さらに問題なのは、皮膚に紫外線が当たると、皮膚の細胞のなかにある遺伝子が傷つけられることです。紫外線を浴び続けると、この傷が修復されず、皮膚がんを引き起こす原因となります。

光老化の予防

日本人より肌に紫外線の影響を受けやすい欧米の人の間では1980年代より「スリップ(長袖を着る)、スロップ(サンスクリーン剤を塗る)、スラップ(帽子かぶる)」と軽快な言葉で紫外線防止が叫ばれています。
紫外線対策としては、肌や目を強い直射光と散乱光から守る工夫をするのが基本です。

晴れた日の午後をはさんで2-3時間は戸外での活動を控え、日中の戸外活動には帽子、着衣、サングラス、サンスクリーンなどの防御対策をするようにしましょう。
外界からの汚れや紫外線で障害を受けた肌やその予防には機能性基礎化粧品を使いましょう

夏のお肌の手入れ

別ページに書きました!

紫外線の種類

別ページに書きました!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP