グーグル設定

院長ブログ

イオン導入

お肌が10歳若返る

プラセンタ&ビタミンCのWイオン導入で真皮層に確実に届きます!!
皮膚の角質がバリアゾーンとなり、外界の色々な物質が直接、真皮に届くのを防いでいます。 しかし、機能性化粧品の有効性分が効果を発揮するのは真皮層です。 シミやシワ、ニキビを短期間に効果的に治す鍵は、真皮層に如何に多くの有効成分を到達させるかということです。つまり、ビタミンCやプラセンタを大量に皮膚の深部まで浸透させると、 より一層の美白効果や、しみやしわを改善し、瑞々しいお肌を取り戻すことができるということです。

当院のイオン導入法は、微弱な電流でイオン化した9%ビタミンC誘導体溶液と人プラセンタの有効成分を肌のバリアゾーンを開いて角質の奥深く、真皮層まで大量に有効成分を送り込むことができます。つまり、「針を使わない注射」です。

リン酸型ビタミンC誘導体とは?

リン酸型ビタミンC誘導体は、肌に浸透し、すぐに全てがビタミンCに変わるわけではなく、 1日かけて徐々に変換していくため、ビタミンCが常に肌の抗酸化のために働いています。 そのため、当院では、持続効果のあるビタミンC誘導体をイオン導入に使います。 ただ、ビタミンC誘導体は大きく分けて、グルコシド型とリン酸型の2種類があり、 イオン導入できるのはリン酸型だけです。グルコシド型は安いので医薬部外品や化粧品によく使われて、 実にビタミンC誘導体化粧品の6割がグルコシド型です。 しかし、グルコシド型はイオン導入には使えませんのでご注意ください。

人プラセンタとは?
人胎盤から抽出したプラセンタエキスで肌の美白、しみ、保湿の効果があります。 また、この医薬品は加熱処理をしていますので焦げくさい特有の臭いがします。ただ、特定生物製剤になるためプリオン(BSEなど)による感染の可能性は否定できませんので 医師の説明をお聞きの上、納得してからお受けになってください。

当院では美肌成分として話題の「リン酸型ビタミンC」と「人プラセンタ」を用いた イオン導入を行うことにより、レーザーなどが適さない頑固な色素沈着(肝斑)やくすみ、 ニキビや皮脂過剰、毛穴の開きでお悩みの方への治療を行っております。

イオン導入はさらにパワーアップして当院併設の「FACEとFOOTの専門サロン YLC」でさせていただきます。

イオン導入プラス超音波・ハイフルクエンシーの効果をお試し下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP