グーグル設定

院長ブログ

色々なアンチエイジングのお薬

アンチエイジングとは

更年期以降には一日ごとに朝起きると体の老いを感じる年代となります。そのような体の変化に対して少しでもエイジングを抑制したり、 改善できることがあれば、取り入れたいと思う人もいるでしょう.
アンチエイジングとは当初、美容や健康の面で注目されはじめた概念ですが、今では更年期以降の健康維持として、医療、看護学、薬学、運動生理学、栄養学、音楽、芸術、工学など多岐に渡る分野でアンチエイジングの研究がおこなわれています。

アンチエイジング点滴

1.最近注目されているアンチエイジング薬:L-カルニチン 
体内に存在し、エネルギー代謝に関与する物質ですが、筋肉中のカルニチンは年を重ねる毎に減少します。また食肉を摂る機会も若い時に比べて一般的に少なくなるためカルニチン量は慢性的に不足しがちになります。
近年ではその不足したカルニチンを補うことで脂肪燃焼が促進されるといわれており、そのため、カルニチンは痩せるための脂肪代謝促進物質と考えられるようになりました。

2.最近注目されているアンチエイジング薬:α―リポ酸
αリポ酸は、組織に対して非常に強い抗酸化作用を持っており、「疲労回復」「運動機能維持」「ダイエット促進機能」「老化防止」の効果があることがわかってきました。

3.最近注目されているアンチエイジング薬:グルタチオン
グルタチオンはグルタミン酸、システイン、グリシンという3種類のアミノ酸からなるトリペプチドです。生命維持には欠かせない成分であり、若々しさや身体本来の機能を取り戻すための源でもあります。
また肝機能保護作用や美白作用、体の毒素デトックスにも有効であるため、30年以上前から使われている安全性の高い薬剤です。

上記の3薬剤をカクテルしたアンチエイジングカクテル点滴(AAG点滴)を始めました。 

プラセンタ

更年期障害や肌の若返り、またイオン導入等プラセンタ製剤を活用したアンチエイジング治療をおこなっておりますので、ご相談下さい。
プラセンタに関して

ご夫婦そろっての若返り!

ご夫婦生活のアンチエイジングコミュニケーション
アンチエイジングは色々な分野で研究されています。最近の研究でご夫婦生活の円滑なコミュニケーションがアンチエイジングに大きく寄与していることも報告されています。

しかし、男女とも更年期になると女性は分泌物が減少し、痛みを伴い、男性を受け入れるが苦痛になったり、また、男性は活力がなくなり、元気にならないなどご夫婦間の円滑なコミュニケーションに支障が生じてきます。

女性には女性ホルモンの補充療法!
男性には男性ホルモンの補充療法や勃起不全薬(自費 1錠 1000円:税別)の投薬を行っております。

アンチエイジングには気持ちが一番!
もう年だからと自らが老け込む必要はありません。そのような考えは昭和の時代に置き忘れてしまいましょう。平成時代は『いつまでも若く元気で』を目標にしましょう。

ご夫婦生活のコミュニケーション問題もご遠慮なくご相談ください。いつまでも若い時のような円滑なコミュニケーションのためのお薬も男女ともに種々開発されています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP