グーグル設定

院長ブログ

性犯罪被害者対応マニュアル備忘録 

性犯罪で悩んでいる人は読んでください。あなた一人で悩むことはありません!
あなたとともに怒ったり、心配してくれる人はたくさんいますよ(^^)v

 

110年ぶりの刑法改定
性犯罪をめぐる大幅な改定は実に明治以来、110年ぶりです。

改定前
強制わいせつ及び準強制わいせつ罪は男女とも被害者要件を満たします。しかし強姦及び準強姦罪は女性のみが被害者要件でした。

さらに、姦淫(膣性交のこと) のみが強姦及び準強姦の成立要件とされていました。また、男性は強姦の被害者要件には該当しませんでした。

他に罰則の軽さや親告罪であることの妥当性が問題点として挙げられていました。

改定後
女性だけが被害者要件であった「強姦罪」と「準強姦罪」から要件に男性も含める「強制性交等罪」と「準強制性交等罪」に名称変更しました。

従来の「姦淫」を「性交」に改め、加えて「肛門性交または口腔性交」を「性交等」として要件に加えました。また、罰則重くし親告罪規定を削除したので、告訴がなくても起訴できるようになりました。

.
大阪の性犯罪頻度
29年度現在、過去5年間では毎年1000件以上の性犯罪(強制性交等・強制わいせつ等)が発生しています。ちなみに下の表は2017年8月の大阪府下の性犯罪発生数です。

しかしながら、この数は親告罪である性犯罪の警察での把握件数で、実際の発生件数はその5倍~20倍程度はあると言われています。

性犯罪は「魂の殺人」とも言われ、被害者は身体的な被害のみならず、精神的に深い傷を負います。

大阪ではそのような被害者の精神的・経済的負担を軽減するために、届け出のあった性犯罪被害者に対しては初診料等を公費負担する制度があります。

警察相談窓口  06-6941-0030

 

大阪府における公費支出制度の範囲

◎初診料(下記の措置を受ける際に必要となる再診料等を含む)
◎犯罪を立証するために行った処置に係る費用
・精子有無の確認
・証拠採取
・膣洗浄
・外傷の確認
・犯罪に起因した外傷を明らかにするための検査(レントゲン検査、CT検査、超音波検査など)
◎緊急避妊処置費用
ピル、ノルレボ錠等の投薬費用
◎性感染症予防処置費用

◎性感染症検査費用
梅毒、HIV(エイズ)、クラミジア、B型肝炎、淋病の5種類について、それぞれ適切な時期に検査した際に掛かる費用
検査の結果を聞くためだけに受診する場合は支出対象外

◎診断書料
警察に提出するための診断書料(原則1通分)

◎人工妊娠中絶
必要最低限の費用に限る
差額ベッド代、個室代金等の特別な費用や妊娠検査費用は支出対象外

診察費用のほとんど支払ってもらえますが、微妙にセコイところもある気がするのは私だけでしょうか?

 

もし被害にあったら・・・
被害にあうことは、とてもつらく悲しいことです。実際被害に遭うと、誰を信じてよいのか、誰に相談すればよいのか、悩んでしまって、さらに不安になることがあります。

そんな時は一人で悩まず勇気を出して相談しましょう。

警察の相談窓口(総合相談)

警察相談室  06-6941-0030

グリーンライン(未成年非行に関する相談)
06-6944-7867

ストーカー110番(ストーカー被害相談)
06-6941-4592

ウーマンライン 06-6941-0110

暴力団・拳銃110番
06-6941-1166

列車内ちかん被害相談
06-6885-1234

青少年クリニック 06-6773-4970

警察以外の相談窓口

犯罪被害者等早期援助団体
(NPO)大阪被害者支援アドボカシーセンター
06-6774-6365

(公財)大阪府暴力追放推進センター
中央相談室 06-6946-8930

ドーンセンター 06-6937-7800

法テラス 0570-078-374

にんしんSOS 0725-51-7778

もちろん、当院(06-6850-8162)にご相談いただいてもきちんと対応させていただきます!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP