グーグル設定

院長ブログ

アーカイブQ&A 更年期障害

Q.初めまして、よろしくお願いします。48歳です。 2年ほど前から生理が不順になり量も減ってきました。年齢的なものだと思います。 幸いなことに更年期の症状はまだまったくありません。 子宮筋腫がありますが、こちらも特に異常なく、定期的に検査を受けています。 また先日、乳がん検診を受けましたがこちらも問題なしということでした。女性ホルモンの分泌が減ってくるといろんな弊害が出てくるということで(特に老化が一番気になるのですが・・・)先日、婦人科を受診し、ホルモン量を測るために血液検査を受けました。 結果は以下のようなものでした。 LH 10.0 FSH 25.7 エストラジオール 18 子宮の機能がだいぶ衰えているということで、補充療法をすすめられています。 また、検査をしたのは生理の3日目でした。 ホルモン量の比較的少ない日だそうですが、一回だけの検査で療法をすると決めてしまっていいのでしょうか? またお医者様がご主人の友人がいるのですが、こちらからは乳がんの率が高まるので、ホルモン補充療法は絶対にやめた方がいいといわれています。 先生のご意見を伺えると助かります。 よろしくお願いいたします。

A.ホルモンの補充療法に関しては、当院のHPに 詳しく書いております。そちらをご参照下さい。ちなみにお医者様がご主人の友人は医学関係の教育は受けているのですか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP