院長ブログ

アーカイブQ&A  妊娠中の小青竜湯

Q.昨年、妊娠中に「小青竜湯」を処方して頂きました。 受診したのが年末だった為、休日分も処方して頂き 症状が治まったら服用を止めて、次に同様の症状が出たらまた服用したらと 仰って頂き、現在薬は少し残っています。 まだ症状は出ていないのですが、秋に花粉症(鼻、のどの違和感)が有り 今後、症状が出ればこの薬を服用したいと思っているのですが 花粉症に効果は有りますか。 また、授乳中なのですがこの薬は服用可能でしょうか。 よろしくお願い申し上げます。

A.小青竜湯は妊娠中の花粉症にもよく使われています。

使われている生薬は『日局ハンゲ 日局カンキョウ 日局カンゾウ 日局ケイヒ  日局ゴミシ 日局サイシン  日局シャクヤク 日局マオウ』とほぼ食品に近いものばかりです。

添付文書には『妊婦、産婦、授乳婦等への投与:妊娠中の投与に関する安全性は確立していないので、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。』と書かれています。これは使っても安全だけど乱用はダメですよという意味です。

安心してお使いください。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP