日常から医療の話まで院長の徒然日記

アーカイブQ&A 高周波凝固法は受けられますか?

Q.高周波凝固法の手術をそちらで受けて、その後は自宅のある県の病院で治療することは可能でしょうか。 (かなり遠い県外のため通院が難しいので。)

A.その場合は、まず治療後の通院予定の病院から紹介状をもらってきてください。 それなら可能です。

下平式高周波凝固法とは

膣部びらんは病気ではなく、膣部の生理的な形態ですが、びらんがあることでおりものが多かったり、不正出血がある方などは一時的に薬などで軽快しますが、根本的な治療ではありません。またすぐ再発します。

びらんの根治治療としてレーザー焼灼法、冷凍凝固法が行われますが、やはり再発しやすく根治とはいえませが、下平式高周波凝固法は、これらの方法よりも組織破壊深度が深くほぼ再発はありません。

治療は10分ほどですが、1~2ヶ月水のようなおりものが続きます。その後はほぼ再発はないので、おりものや不正出血で悩んでいる方はご相談にお越し下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP