日常から医療の話まで院長の徒然日記

冷え性

冷え性の原因

医学的には末梢の血液循環が悪くなり、血行不良に陥り、末梢に冷えを感じたり、しもやけ等ができる症状を言います。

しかし、冷え性の訴えは、末梢の血行不良の原因だけにとどまらず、腰が冷える、肩が冷える、冷えのぼせがする、 お風呂上りに体が温まらない、クーラーで冷えるなど多岐にわたります。 体温と外気温の変化を自律神経がコントロールできないことが原因と考えられています。

同じ温度帯でもその冷えを気にしない人もいれば、少しの冷えで体調が悪くなる人もいます。 つまり、冷え性は人の性質という意味で症(しょう)ではなく性(しょう)という言葉が使われます。

冷え性の予防

「秋ナスは嫁に食わすな!」ということわざがあります。 秋ナスはほっぺたが落ちるほど美味しいのでそんな旨い旬の食べ物を嫁に食わしては贅沢だと言う説と ナスは体を冷やす食べ物だから大切なお嫁には食べさせてはいけないという説との真反対の解釈があるようです。

ということはそれぞれの家庭事情として解釈は想像にお任せしますが、このうように食べ物には体を冷やす食べ物と体を温める食べ物があります。

身体を温める食べ物で代表的なものは、「しょうが」、「ねぎ」、「にんにく」、「とうがらし」、「山椒」、「かぼちゃ」、「あんず」などです。

また、冷やす食べ物は「生野菜」、「柿」、「砂糖」、「酢」、「コーヒー」などがあります。体を温める食べ物、冷やす食べ物に注意して食事をするようにしましょう。

お風呂は熱すぎないお風呂にゆっくりつかり、体をじんわりと内から温めるようにしましょう。肩を冷やさないよう肩にタオルをかけた半身浴も心臓に負担をかけず体を温めます。足浴、手浴だけでも有効です。

冬にはホットカーペットで足からじんわり体を温めることも冷え性には特によい暖房法だと思います。夏のクーラーは温度を下げすぎないで扇風機と併用して空気を動かすと いいでしょう。

さらに普段の運動やストレッチで末梢に行きわたる血管を太く強化しましょう。

しもやけ予防!

冬にしもやけになりそうだったり、なったりしたら、冷水、温水に交互にその部分を浸けて、末梢血管を刺激してみましょう。 すぐに血流がよくなります。

その後、すかさず、患部をマッサージ、血流改善のクリームを塗り、温湿布をして様子をみましょう。

また、漢方薬では当帰四逆加呉茱萸生姜湯が有効です。

大阪府豊中市北桜塚3-1-33(TEL06-6850-8162)
吉村レディースクリニック
診療科:産婦人科 内科
院長 吉村 猛 

診療日:
月曜日~土曜日までの午前
(9:00~10:00・手術等予約枠 10:00~12:30・一般診療枠)
月・火・木・金の午後
(4:00~5:00・手術等予約枠 5:00~7:30・一般診療枠)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP