日常から医療の話まで院長の徒然日記

7月は参議院議員選挙に行こう!

4月の統一地方選挙が終わって『NHKから国民を守る党』という弱小政党が躍進し、地域政党として大幅に議席を増やしたというニュースを連休が始まる前に小耳に挟んだ。

過去にも党名に有権者の投票動機を具体的に表現した党は昔から色々とあった。私の記憶によれば青木代表のサラリーマン新党、さらにさかのぼれば『雑民党』の東郷健も私の懐かしい記憶である。雑民党は今ならLGBT党と表現してよいような性的マイノリティの権利獲得を前面に押し出した党であった。東郷健は議員になることはなかったが、少なくとも性的マイノリティが社会に認められる一助とはなったことは明らかである。

一方、サラリーマン新党はサラリーマンの不公平税制をただす政党として国会に議員を送り出し10年程度存続した政党である。

このようなワンイシュー政党はその時代のブームにのればつかの間マスコミの寵児になりやすい。しかし、その夢が覚めれば雲散霧消していくのも常である。

『NHKから国民を守る党』が4月の統一地方選で躍進したというニュースを見て、選挙ウオッチャーとしての興味が 久しぶりに 湧いたのでこのブログに記録として残してみることにする。

N国党結成の経緯と現在

この党は代表の立花孝志氏が2013年に設立した政治団体である。立花氏は元NHK職員であり、週刊誌にNHKの不正経理を告発し、退職に追い込まれたらしい。それ以降はNHKの強制的な受信料徴収について問題意識をもち、不払いなどのNHKに対する妨害運動をyoutubeを通じて行っていた。次第にその活動に注目が集まり、「NHKから国民を守る党」として政治団体を立ち上げた。

政治家youtuberと自称しているくらいであるから同氏の『立花孝志ひとり放送局』には視聴=広告料という支援が相当数集まっていると思われる。

支援者も多数になり4月の統一地方選挙前には市議や区議などのN国党議員は13名になっていた。さらにこの選挙で26名の当選者をだし、総勢39名の大所帯となった。そのため、メディア露出も増え注目され始めたという経緯である。

総勢39名の大所帯である同党の臨時総会が4月の末に開かれた。その模様はもちろんyoutubeで開催から閉会まで公開された。党の総会をそのまま生中継するという ネット社会ならではの 企画に興味をもち、もちろん私も視聴した。その前から立花氏は自分の考え方(党の考え方)をyoutubeにアップし、それをもって所属議員や支援者たちへの広報として活用していたようである。それが党=立花代表の収益になるという政治家youtuberらしい活動費捻出方法であった。

この臨時総会で立花氏らが出馬する7月の参議院選挙協力費130万円の支払い所属議員に求め後に離党や除名などにつながるゴタゴタ火だねを代表自らが作った。後に除名された議員たちや残った議員たちが自己の弁解動画や批判動画をyoutubeやツイッターに公表するというネット社会ならでは双方の情報操作が行われた。。SNSならではの個人リプやリツイートでアップした情報は瞬く間に拡散され話題となった。拡散された情報は賛否両論あるがそれに伴い『 NHKから国民を守る党 』の認知度はさらに高まった。事実、私のようにその情報でN国党を知り、興味をもった人は多いだろう。

N国党臨時総会

当然この騒ぎが話題になればなるほど、『 NHKから国民を守る党 』の名前は知られることになり、思想信条には関係なくNHKの放送内容や受信料・受信料徴収の仕方に疑問をもっている人達が同党の公約である『NHKのスクランブル放送実現』のワンイシューで投票すれば参議院選挙の台風の目になる可能性はある。

*NHKの地上波放送はスクランブル化を導入すべきか」という質問に対し、「YES」の回答が88%。「娯楽番組の多いNHK BS放送は導入すべきか」には「NO」が51%、「NHKの番組を見たいか」は「NO」が69%に上ったという*  http://news.livedoor.com/article/detail/7125304/ 

このようなワンイシュー政党に寿命があることは代表の立花氏もわかっており、NHKが今までのように電波を垂れ流して受像器を設置すれば自動的に契約用件を満たすのではなく観たい人がみるスクランブル化を達成すれば解党すると明言している。
その意味では立花氏のメジャーを目指すのではなく、隙間のワンシュー席を参議院で確保するというネットを使った格安選挙戦略でも当選は十分あり得る。

*立花氏は参議院全国区で得票数の2%あれば議席が確保できると計算している。今までのN国党の得票率・NHK問題に対する国民の関心の高さから言ってもこの数字はN国党の認知度が高まれば不可能な数字ではないだろう。  

2016年参議院選挙全国区結果

参議院選挙の戦略を公開

情報が洪水のように溢れるネット社会ならではの面白い議席獲得戦略であり、私にとっては参議員選挙まで目を離せない政党となりそうである。

大阪では維新が『都構想』というワンイシューで戦っているが、中身がどうかというと総論賛成各論反対でなかなか前にすすまないのが現状である。しかし、N国党はさらにニッチにNHKだけに焦点をさだめたワンイシューである。言わばNHK受信料問題の国民投票を行おうとしているのであり、非常にエッジが効いてる。いわば台風のようにパワーはあるが寿命は短いネット社会を象徴したような政党と考えればわかりやすい。

台風の目

『 NHKから国民を守る党』代表 立花孝志の人物像

N国党の代表立花孝志氏は露出度が高まる人の常ではあるが、 ネットに溢れる情報を見る限り 毀誉褒貶の激しい人物である。数多くの裁判を行う裁判マニアとの声もあり当然敵も多い。過去の不適切な言動をネットで晒されてもいる。ここでは同氏に対する批判的情報をあげてみる。

https://matome.naver.jp/odai/2145178990742079201

https://datounkoku.jimdofree.com/

ネットを駆使するyoutuber政治家としてはネットタトゥーは避けられない。しかし、それは賛否どちらでも興味を持って動画を見てくれる人がいればyoutuber 立花氏の収益にもなる。こちらもネット社会特有の情報拡散法でありかつビジネスモデルともいえる。

好き嫌いはともかくNHKに問題意識をもつ人達がN国党の存在を知り、その数%でもN国党への投票行動に結ぶ付けばよいのである。この騒動は立花氏にとって折り込みの炎上かもしれない。

N国党議員&関係者の一覧

立花孝志 東京都葛飾区議  
https://twitter.com/tachibanat?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

大橋昌信 前埼玉朝霞市議 
https://twitter.com/nanikoratakoko1?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

武原正二   兵庫県尼崎市議 
https://twitter.com/takebon_xx

塩田和久   埼玉県川口市議
https://twitter.com/shiota_kazuhisa

深沢宏文   東京都町田市議
https://twitter.com/fukasawahirofu3

酒谷和秀   東京都春日部市議
https://twitter.com/dftzm707

久保田学  東京都立川市議 
https://twitter.com/kubota_manabu

中曽千鶴子   兵庫県川西市議
https://twitter.com/Jeanne_otsuru?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

大桃聰   新潟県魚沼市議
https://twitter.com/momo8939

中村典子   千葉県松戸市議
https://twitter.com/whiterose_riko

宮内鋭   千葉県八千代市議
https://twitter.com/yachiyo2018

掛川暁生  東京都台東区議 
https://twitter.com/akakegawa

觸澤高秀   北海道苫小牧市議
https://twitter.com/nhk_furesawa

遠藤信一  栃木県宇都宮市議
https://twitter.com/shin128?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

宮城壮一   千葉県習志野市議
https://twitter.com/narashino2019

佐直友樹   千葉県市川市議
https://twitter.com/7j4hkgv1get5mzz

小川友樹  千葉県船橋市議
https://twitter.com/ogawayuki888

大野富生   千葉県流山市議
https://twitter.com/nhk38345415

二瓶文徳  東京都中央区議
https://twitter.com/niheifumitaka

國場雄大 東京都品川区議
https://twitter.com/yuta_kuniba

夏目亜季  東京都荒川区議
https://twitter.com/Ak148usagi?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

野口健太郎  東京都文京区議
https://twitter.com/noguchikentaro1

竹村明広  東京都中野区議
https://twitter.com/takemura2678

松田亘   東京都練馬区議
https://twitter.com/wataru_kibou

松田美樹   東京都新宿区議
https://twitter.com/miki_nhkkara

近藤秀人   東京都板橋区議
https://twitter.com/shusan_hide

金子快之   東京都渋谷区議
https://twitter.com/kaneko_yasuyuki

植田智一   東京都大田区議
https://twitter.com/tomokazuueda_

神足重治   東京都墨田区議
https://twitter.com/anti_nhk_sumida

二瓶文隆   東京都江東区議
https://twitter.com/niheifumitaka

川端慎二   東京都目黒区議
https://twitter.com/kawabata_nhk

光木慎太郎   東京都北区議
https://twitter.com/mitsufits1218

栗原博之   東京都世田谷区議
https://twitter.com/nhk52412647

河本圭司   兵庫県西宮市議
https://twitter.com/37_kawamoto

全員がtwitterアカウントをもっているのはネット政党としては当然である。一人一人の論評は避けるが、興味ある方は各人のtwitterをぜひ覗いてみてほしい。職歴、経歴、年齢、思想はバラエティーにとんでおり、今までのイデオロギーで統一された政党とは一線を画した集団であることがわかる。

参議院選挙協力金の支払いを拒否した5名(2019/5/6現在)

沓沢亮治  東京都豊島区議
https://twitter.com/mk00350

佐々木千夏 東京都杉並区議 
https://twitter.com/sasaki20181209

富永ゆうじ  東京都西東京市議
https://twitter.com/xfuyong

多田みつひろ 埼玉県志木市議 
https://twitter.com/buy_japan_out

若林おさむ twitter削除 
https://twitter.com/nk8oji1964?lang=gu

なぜ彼らが除名されたのかはこちらのN国党の高橋氏のyoutubeを見てほしい

高橋氏怒り狂う

他にも色々と動画はあるが、この動画で興味をもった方は『N国党』で検索すると賛否両論沢山の情報に触れることができる。

他国の公共放送はどうなっているのか?

http://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_11254546_po_1051.pdf?contentNo=1

各世帯毎の強制徴収から受像器に対して徴収、個人の徴収をしない国まで様々な形態があるようだ。

つまりそれぞれの国が公共放送をどのように位置づけているかにより受益者負担も様々ということである。N国党の唯一の公約『HHKをスクランブル化しろ!』も国会討論の遡上にのれば、各国の事情から考えて実現可能な徴収方法であろう。

今後のN国党

ワンイシューの公約を掲げ、その目的のみで勢力を伸ばし、目的を実現すれば解党というスリリングな筋書きはひょっとしたら お祭り好きの国民を熱狂させるかもしれない。

情報洪水社会においてワンイシューで注目を集め、その情報をyoutubeに逐次公開するという手法は一定の支持を得ているようだ。なおかつyoutuber立花氏としても損のないビジネスモデルである。

もちろん、N国党が立花商店のビジネスモデルであったとしても彼らは政治に関心のない層を今まさに掘り起こしている。さらにイデオロギー政治に閉塞感を感じている国民が身近な生活を改善することの大切に気づきはじめている。ひいてはそれが大多数の国民にとって住みやすい国に変える第一歩であるかもしれない。その一歩の踏み出し方をまさに教えてくれているのがこの商店主とスタッフであるとも言える。

N国党は7月の参議院選挙までエンタテインメント政治ドラマとして目が離せない。 このブログも加筆・修正をするので目を離さないように!

7月に投票所に足を運んでみよう。何かが起る?!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP