日常から医療の話まで院長の徒然日記

CellnewプラスにDRシリーズが登場

Cellnewのコンセプト:
日々進歩する美容皮膚科学に基づいて美しい素肌に導くことをコンセプトにしたスキンケア化粧品です。だからクリニックルートでしか手に入りません。

さらにCellnewプラスDRは日々使っていくうちに肌のお悩みにも応えてくれる有効成分が入っています。そのため、使う前には使用方法と効果をご理解いただき、ご使用下さい。きっとあなたのお悩みはいつの間に消え去っていると思います。

それでは、説明していきますね。

セルニュープラスDR GAローション

ざらつき・ごわつきが気になるお肌の方
ハリや弾力が落ちて気になる方
くすみが気になる方
普段お使いになっている化粧水の後にお使い下さい。少しピリピリ感があるかもしれませんが、赤くならなければ大丈夫です。透明感のあるお肌に戻っていきます。

ご使用方法:洗顔後、100円硬貨大2コ分を手にとり、目のまわりを避けて顔全体にやさしくなじませます。

配合成分: 水、エタノール、グリコール酸、水酸化K、乳酸、ポリクオタニウム-51、(アスコルビル/トコフェリル)リン酸K、ヒドロキシエチルセルロース、フェノキシエタノール

セルニュープラスDR GAローション は グリコール酸と乳酸で角質のピーリング効果を高めています。ぜひ、その効果を実感して下さい。



セルニュープラスDR VAエッセンス

目もと・口もとなどのエイジングサイン(シワなど)が気になる方
使い続けることでだんだん目立たなくなります。

ご使用方法: 化粧水やクリームなどでお肌をととのえた後、ちょっと大きめの米粒大くらいを指先にとり、目もと・口もとなどにやさしくなじませてください。

配合成分: 水、スクワラン、BG、ジグリセリン、ワセリン、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、アラキジルアルコール、グリセリン、ペンチレングリコール、ジメチコン、トリメチルシロキシケイ酸、シクロペンタシロキサン、ステアリン酸グリセリル、ベヘニルアルコール、レチノール、ユビキノール、ヒアルロン酸Na、ポリクオタニウム-51、ベタイン、アラニン、セリン、グリシン、アセチルヒドロキシプロリン、アスコルビン酸、アスコルビン酸Na、トコフェロール、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、PEG-40水添ヒマシ油、アラキルグルコシド、アラビアゴム、カルボマー、キサンタンガム、デキストリン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、水酸化K、フェノキシエタノール

レチノールとコエンザイムQ10の力で気になる目もと・口もとをふっくらしたハリ肌へ導きます。

レチノールを配合しているので、日中は必ず日焼け止めを併用して下さい。


セルニュープラスDR HQコンシーラー

しみ・そばかすの色素沈着部位や施術痕など気になる部分のカバーに
HQコンシーラーはハイドロキノン2%配合のリキッドタイプ部分用ファンデーションです。ファンディーションのサンスクリーン効果はSPF50+、PA++++と極めて あわせて遮光性の高い配合になっています。
ハイドロキノンが紫外線の影響を受けず普段使いとしてお使いいただけます。

BBクリームと合せてこんな使い方もできます

ご使用方法:お出かけ前に気になるシミの部分に直接つけてやさしくなじませてください。

配合成分: ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、水添ポリイソプテン、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、ポリメタクリル酸メチル(ベヘン酸/イソステアリン酸/エイコサンニ酸)、ハイドロキノン、EDTA-2Na、アスコルビン酸、酢酸トコフェロール、セスキオレイン酸ソルビタン、トコフェロール、酸下チタン、酸下鉄、シリカ、タルク、メチコン、水酸化AI

だれにも気づかれずにシミを消したい方に最適です。

サンプルご入用の方は受付でお声かけください

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP