日常から医療の話まで院長の徒然日記

その分野に対して知識のない人ほど全能感を持ちやすい:経験と自信の逆相関のグラフ

あなたがする検索はわたしと同じ結果ですか?

インターネットの黎明期には誰でも簡単に平等に安価に世界中の情報をやりとりできるすばらしい社会がくると思われていました。

確かに情報の量は増えました。しかし、今では 情報を処理しきれずその洪水のなかで人々はおぼれかけています。さらに必要な情報が万人に平等に行き渡っているかというとどうもそうではないようです。

また、個人的に情報をやりとりできるSNSではヘイトやデマ情報があふれ、どの情報を信じて良いのか疑心暗鬼でSNSをさまよってる方もたくさんいます。

最近ではネットに溢れる情報を適切に処理するためにAI技術が導入され、それが機能し始めています。よくみかけるものはamazonで買い物したり、グーグルで検索するとなぜか自分に興味のあるものがお買い物リストや検索に上がってきます。それは買い物や検索をきっかけにあなたの地域・年齢・性別・嗜好などすべてのあなたの情報がAIが紐付けし、さらに分析してあなたにベターな選択支を提示するシステムが開発されたからです。

つまり、自分の趣味や嗜好はネットの買い物・検索で知られてしまい、それを元にネットの世界であなたのアバターが勝手に作り上げられ、そのアバターにあわせた居心地の良い仮想空間が完成する世界ができあがっています。

あなたが見たくないものは見えない、見たいものしか見えない世界、それがネットの仮想空間です。

フィルターバブル

ネットの仮想空間は現実世界とは異なり限りなくひろがり、また突然、霞のように消えていく世界です。さらに、SNSではアバター同士の接触で仮想世界は限りなく広がります。その世界を現実と錯覚するくらいの濃密なつきあいもSNSではできてしまいます。つまり、SNSは現実とネットをつなぐグレーゾーンであり、魑魅魍魎が跋扈し、無垢な人々を歯牙にかけようと狙っている ダークサイドとも言えます。

ダニングクルーガー効果

人はその人にとって知識の少ない分野ほど万能感を持ち自信溢れる言動を行う傾向にあります。

ネットでは簡単に情報が取得できるため、現実世界よりこの効果が補強され、自分が出した結論に根拠もなく自信を持つ人々が増えています。 ネットの発達によって情報は求めれば洪水のようにあふれかえる時代ですが、その情報の洪水の中から有益な情報を取捨選択することはリテラシー能力が高くなくてはできません。先ほどお話ししたフィルターバブルであなたの検索した情報はあなたが求めている情報であって正しい情報かどうかの報償はもはやなくなりつつあります。だからこそリテラシー能力が低いとネットの情報洪水に溺れて思わず身近にある藁情報をつかんでしまい、そのまま沈んでしまうことになりかねません。

エコーチェンバー現象

先ほどの沈んでしまうとはつかんだ藁情報には藁情報に集まる仲間がおり、その仲間達とSNSなどで濃密なつきあいが始まり、同好の志同士でその考え方が強化されるというエコーチェンバー現象に陥ってしまうことを意味します。

同好の志が集まり(エコーチェンバー現象)、 素人が付け焼き刃 で好きな事を言い合い(ダニングクルーガー効果)、自分が欲している情報しか見えない (フィルターバブル)世界があります。ネットにおいてこの3種の神器を使えばあなたにとってここちのよい仮想空間が簡単にできあがります。

居心地のよい心のやすまる場所はまさしくあなたにとってのサードプレイス(*)です。しかし、一歩まちがえれば匿名という落とし穴で同好の志が突然牙をむいたり、現実世界の居住空間に土足で侵入される事態になることもあります。

サードプレイスの定義
自宅や学校とも違う心地よい第3の居場所であり、毎日でも通える所
そのような場所になる要素としては
・無料or安い
・食事が飲料がそこで手に入る(画面を通じて供に食事をしている感覚になれる)
・アクセスがしやすい(自宅で電源を入れればすぐにつながる)
・習慣的に集まれる
・フレンドリーで心地よい
・古い友人も新しい友人も見つかる
まさにSNSはその要素を十分満たしています。

GAFAの支配

そのような居心地の良い仮想空間作りもGAFA(google apple Facebook amazon)による寡占状態になりつつあり、やはり 現実世界と同様に権力集中がはじまっています。

サトシ・ナカモト が論文で発表したビットコイン思考の元になる仮想世界だからできると思われた相互監視とヒエラルキーのないブッロクチェーン思想は仮想世界でも夢物語だったんだというのが現実になりつつあります。

ネットがインフラとして発達し、情報があふれる時代にはなりました。しかし、あなたの情報はすべて握られ、さらに情報を操作できる権力が出現したことも同時に理解しなければなりません。

今、私たちは現実と仮想空間が渾然一体となり、自らの情報リテラシーを磨かなければ現実世界はもとより心地よい仮想空間のサードプレイスもふとした弾みで雲散霧消してしまうそのような世界に暮らしているのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP