日常から医療の話まで院長の徒然日記

免疫の話と大人のワクチン

免疫のしくみ

免疫はからだの外部からくる見えない侵入者を抗原〈細菌やウイルスなど〉としてそれに対抗する身体の仕組みです。

【自然免疫】からだの中に細菌やウイルスなどの自分でないものが入ってくると、まず初めは角質や繊毛など身体にいれない、身体から物理的に押し出す方法が第一次防衛ラインです。                        身体に入ってきた細菌やウイルスを攻撃し、貪食する仕組みで第二次防衛ラインです。                                 この二つが自然免疫です。

【獲得免疫】身体に入って細菌やウイルスを貪食した細胞(単球)は細胞を活性化させる物質や形の信号をだし、リンパ球にそれを伝えます。リンパ球は伝えられた情報に基づきその細胞を攻撃(貪食:細胞性免疫)したり、武器(抗体:液性免疫)で対抗します。また進入を阻止したあとは、その細胞やウイルスの記憶をもち、二度目に侵襲した場合にすばやく反応することができます。

【細胞性免疫】主要な細胞は、樹状細胞、リンパ球で、主役はTリンパ球です。マクロファージ、樹状細胞等から抗原提示(情報伝達)があるとヘルパーTリンパ球は、インターロイキンやインターフェロンなどのサイトカインを放出し、キラーTリンパ球(CTL)やナチュラルキラー細胞(NK細胞)を活性化します。

【液性免疫】Bリンパ球と抗体です。ヘルパーTリンパ球から指令を受けたBリンパ球はサイトカインにより活性化されると、多量の抗体を産生し病原体を集中攻撃します。

獲得免疫細胞は胸腺で教育を受ける

【骨髄】骨髄では、好中球やマクロファージのほか、リンパ球〈B細胞とT細胞〉、NK細胞、形質細胞などほぼすべての免疫に関わる細胞が作られます。

【胸腺】ナイーブT細胞は胸腺で刺激されキラーT細胞に変化します。

以上の言葉を理解して、動画をみてください。

免疫機能とワクチン :COVID19治療に医療資源を振り分けるため

帯状疱疹ワクチンを接種しましょう‼️ :COVID19治療に医療資源を振り分けるために

HPVワクチンを接種しましょう‼️ :COVID19治療に医療資源を振り分けるために

男子は風疹抗体を調べてMRワクチンを接種しましょう‼️: COVID19治療に医療資源を振り分けるために

被災後の片付け前に破傷風ワクチンを接種してください‼️ :COVID19治療に医療資源を振り分けるために

65才以上は補助がでる肺炎球菌ワクチンを打ちましょう‼️ :COVID19治療に医療資源を振り分けるために:

インフルエンザワクチンは接種しよう。でも一人一回でね‼️ :COVID19治療に医療資源を振り分けるために

医療資源従事者なら必ず接種しているB型肝炎ワクチンを打ちましょう‼️ COVID19治療に医療資源を振り分けるために

髄膜炎菌・おたふく風邪・日本脳炎・百日せきのワクチン考えて‼️ :COVID19治療に医療資源を降り分けるために

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP