日常から医療の話まで院長の徒然日記

角川ソフィア文庫 感染症の世界史 石弘之

1980年にWHOが「人類をもっとも苦しめてきた天然痘の根絶」を宣言した。 感染症の世界的な流行は30~40年周期でおきている。
しかし1968年の「香港かぜ」いらい大流行はおきていないが災害は「忘れた頃にやってくる」 この本がかかれたのが2017年の12月である。

人類は見えない病原体である細菌やウイルスといつまで闘い続けるのか? 偶蹄は消化吸収に対して共生を道を歩み、細菌とともに栄養素を取り入れている。 その答えのない病原体と対峙は闘いか共生か永遠に答えはでないであろう。

============

角川ソフィア文庫 感染症の世界史 石弘之 https://www.kadokawa.co.jp/product/321710000160/

============

「幸運な祖先」の子孫たち  世界の感染史

世界を震撼させたエボラ出血熱

デング熱はアジアの風土病だった

人類と見えない病原体の戦いは永遠に続く‼️

人が集まれば感染症も引き寄せる

感染症は人と伴に‼️

ピロリ菌は敵か味方か?

トキソプラズマ原虫が人を操る?

セックスで癌になる?

キスでうつるの?

世界で増殖するインフルエンザー過密社会に適応したウイルス

エイズはどこから来たの?

ハシカを侮る後進国・日本

風疹の流行を止められ日本

縄文人が持ち込んだ成人T細胞白血病

弥生人が持ちこんだ結核と次にパンデミックを起こす起源国は?

ぜひ、私の解説で興味を持ったら本を買ってくださいね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP